GETTY

Photo: GETTY

ウィーザーは今夏リリースを予定している新作からの新曲“Feels Like Summer”を公開している。

ウィーザーは昨年4月に『ウィーザー(ホワイト・アルバム)』をリリースしており、その際、次回作として『ウィーザー(ブラック・アルバム)』を計画していることを明かしていた。次回作について「おそらくビーチ・ボーイズが悪くなった感じになると思うんだ」とリヴァース・クオモは語っている。「口汚い言葉を使ってみようと思ってるんだ。これまでの曲ではやったことのない感じでね」

新作について「より大人びた内容」に取り組んでいるとし、「夏の日中というよりは冬の夜」の作風になるとし、こう続けている。「アメリカの映画でいったらPG指定からR指定になった感じだね」

ただし、次回作のタイトルが『ウィーザー(ブラック・アルバム)』になるかは正式に発表されていない。

新曲“Feels Like Summer”はこちらから。

ウィーザーはコーチェラ・フェスティバルの主催者が新たに開催するフェスティバルへの出演が決定している。

このフェスティバルは6月24日・25日に開催されるもので、地元の渓谷にちなんで「アロヨ・セッコ・ウィークエンド」と題されている。主催者側はこのフェスティバルについて「ロサンゼルスの著名なレストランやシェフが監修したメニューやクラフト・ビール、ワインと共に3ステージでライヴが行われるワールド・クラスのカルチャー・イベント」と評している。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズとマムフォード・アンド・サンズがそれぞれ各日のヘッドライナーを務めることも発表されており、他にもアラバマ・シェイクス、ウィーザー、ザ・ミーターズ、ブロークン・ソーシャル・シーン、ザ・シンズ、アンドリュー・バード、コン・ブリオなど、30組の出演が発表されている。

フェスティバルのオフィシャル・サイトはこちらから。

https://www.arroyosecoweekend.com/

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ