GETTY

Photo: GETTY

英国郵便によるデヴィッド・ボウイの記念切手がヘリウム・ガスの風船と共に宇宙へと打ち上げられたという。

今年1月にデヴィッド・ボウイは10枚セットの追悼切手が発行されることが発表されている。10枚の内の6枚はアルバム・ジャケットとなっていて、『ハンキー・ドリー』、『アラジン・セイン』、『ヒーローズ』、『レッツ・ダンス』、『アースリング』、『★(ブラックスター)』のジャケットが使用されている。残りの4枚はそれぞれ別のツアーのライヴ写真となっていて、1972年の『ジギー・スターダスト』ツアー、1978年の『ザ・ステージ』ツアー、1983年の『ザ・シリアス・ムーンライト』ツアー、2004年の『リアリティ』ツアーの写真が使用されている。切手は現地時間3月14日より販売されている。

http://www.royalmail.com/davidbowiestamps

『ガーディアン』紙によれば、52年のデヴィッド・ボウイのキャリアにちなんだ52セットの切手が、1976年公開の映画『地球に落ちて来た男』へのオマージュとして大気圏に打ち上げられたという。切手をつけた風船は時速約19キロメートルで高度34100メートルまで到達した後、破裂して、切手は地球への落下を開始している。どこに落下するか正しく推測できたファンは限定のアルバム・ジャケットの切手を手に入れることができるという。

2010年にはザ・ビートルズの、2015年にはピンク・フロイドの切手がこのような形で発行されている。ソロ・アーティストで英国郵便が切手を発行したのはデヴィッド・ボウイが初めてとなっている。

英国郵便のフィリップ・パーカーは次のように述べている。「50年間にわたってデヴィッド・ボウイは進行形のカルチャーの前線に立ち、何世代ものミュージシャン、アーティスト、デザイナー、作家に影響を与えてきました。英国郵便は切手の発行で、そのユニークな人物像と彼のよく知られたペルソナを祝福します」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ