GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のマット・ヒーリーはバンドのサード・アルバムについてレディオヘッドの『OKコンピューター』やザ・スミスの『クイーン・イズ・デッド』と同等の影響力を持つ作品になってほしいと語っている。

ザ・1975は現在、『NME』のアルバム・オブ・ザ・イヤー2016の1位となったセカンド・アルバム『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。 』のツアーの最終節を控えている。しかし、既に次回作に取り組み始めており、次回作については『ミュージック・フォー・カーズ』というタイトルが予定されていて、2018年にリリースされる見込みとなっている。

『Q』誌に対してマット・ヒーリーは次のアルバムに求めるものを語っており、既に「前作と同じくらいいい」曲を2曲書いており、「多くのアンビエントでクラシックなトラック」があるとしている。

「サード・アルバムについて言うなら、『OKコンピューター』か『クイーン・イズ・デッド』か、そういうものをやらなきゃいけないんだ」とマット・ヒーリーは語っている。

彼は次のように続けている。「後世に遺るような作品にしたいんだ。みんなが振り返って、この10年にバンドが出したアルバムとして最も重要な作品だと思ってもらいたいんだよ」

また、マット・ヒーリーは先日スケプタとコラボレーションを試みたことを明かしている。

NMEアウォーズ2017に出席したマット・ヒーリーはその場でこのコラボレーションについて語っている。「僕とスケプタはお互い知り合いだからね」と彼は語っている。「最近、一緒にやってみようとしたんだけど、うまくいかなかったんだよね。たくさんの理由があるんだけどさ。でも、将来的にはなにかをやると思うよ」

彼は次のように続けている。「一緒に曲をやってみようと思うんだ。ペット・ショップ・ボーイズの“West End Girls”みたいなことをやりたいんだよね。多分、一緒にバンドを始めるんじゃないかな。スケプタとバンドをやってみるんだよ。まさに、それについて話してるところでね。どうなるか見てみるよ」

ザ・1975はUKの大規模フェスティバルでは初のヘッドライナーとなるラティテュード・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが発表されている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ