GETTY

Photo: GETTY

ナイン・インチ・ネイルズやマッシヴ・アタックは、バンクシーが最新プロジェクトとしてオープンさせたホテルのピアノ・バーで行われる自動ピアノによるコンサートに参加することが発表されている。

バンクシーはパレスチナのベツレヘムに「ウォールド・オフ・ホテル」という名のホテルをオープンする予定で、上記の2バンドに加え、映画音楽の作曲家であるハンス・ジマーやレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーらが事前にレコーディングしたライヴ音源がホテル内のピアノ・バーで披露されるという。

ライヴ音源は自動で演奏されるピアノのために録音されており、アーティストのライヴ音源に合わせてピアノが自動で演奏される。ピアノ・バーでは先日、オープニング・パーティーとしてエルトン・ジョンによるパフォーマンスが行なわれている。

バンクシーは2015年にテーマパークのディズマランドをプロデュースしており、デーモン・アルバーンやラン・ザ・ジュエルズ、サヴェージズ、プッシー・ライオット、マッシヴ・アタックらがディズマランドでライヴを行っている。

エルトン・ジョンによるパフォーマンス映像はこちらから。

「ウォールド・オフ・ホテル」のサイトはこちらから。

http://banksy.co.uk/index.html

一方、ナイン・インチ・ネイルズは先日、謎の黒い粉で覆われた最新EPのフィジカル盤を発送してファンを困惑させている。

最新EP『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』のパッケージの外側には次のような但し書きが添えられていた。「開封する前に全文をお読み下さい。行動には結果が伴うものです! 『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』には破壊因子が同梱されており、それらは高揚感を生み出しつつも、お客様に危害を加えたり、お客様を動揺させることもあるかもしれません。同様に、フィジカルのパッケージは開封する際に、これからへの期待と予期せぬ結果を生むこともあるかもしれません。両方の点で注意が必要です。そして、これは重要な点ですが、この商品によって汚れることになります。いずれの方法にせよ封筒を開封した時点で、あなた自身や家屋へのあらゆるリスクを負い、ナル・コーポレーションならびに、あらゆる子会社、関連企業に対して、あらゆる種類のあらゆる損害についての要求を放棄することになります」

ナイン・インチ・ネイルズはパノラマ・フェスティバルで2014年8月以来となるライヴを行うことも発表されている。

7月28日から30日にかけてニューヨークののランドール・アイランド・パークで開催されるパノラマ・フェスティバルだが、ア・トライブ・コールド・クエストがファイフ・ドーグの死後、初めてとなるライヴを行うことも発表されている。両者は最終日の7月30日に出演する。

ナイン・インチ・ネイルズは昨年末にEP『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』をリリースして、シーンへの復帰を果たしている。また、フロントマンのトレント・レズナーは2017年に「二つの大きな新規」プロジェクトをリリースする予定であることを明かしており、いずれも「ナイン・インチ・ネイルズ名義」でのリリースとなるという。ナイン・インチ・ネイルズの最後のフル・アルバムは2013年リリースの『ヘジテーション・マークス』となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ