GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドの全楽曲の中で“True Love Waits”が最も悲しい楽曲であるという分析結果が、とあるデータ・サイエンティストによって発表されている。

チャーリー・トンプソンというデータ・サイエンティストはスポティファイのAPIとジーニアスのAPIを使ってデータをまとめており、1〜100までの指数にレディオヘッドの楽曲を「悲しさ」順に分布させ、その結果、最新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』収録の“True Love Waits”が「1」の指数を獲得してトップに立っている。

最も「悲しくない」楽曲として“15 Step”が100の指数を獲得したという。

分析について発表されているページはこちらから。

http://rcharlie.com/2017-02-16-fitteR-happieR/

この分析によるレディオヘッドの最も悲しい曲トップ10は以下の通り。

1. True Love Waits
2. Give Up The Ghost
3. Motion Picture Soundtrack
4. Let Down
5. Pyramid Song
6. Exit Music (For A Film)
7. Dollars & Cents
8. Hiigh And Dry
9. Tinker Tailor Soldier
10. Videotape

先日、レディオヘッドのトム・ヨークがイタリア人女優と交際していると報道されている。

トム・ヨークは元妻のレイチェル・オーウェンを昨年12月に亡くしている。レイチェルはトム・ヨークと23年にわたって共に生活を送り、ノアとアグネスという二人の子供をもうけていた。二人は2015年8月に別れることを発表している。

『ザ・サン』紙は、トム・ヨークが現在イタリア人女優のデジェイナ・ロンチオーネと交際していると報じている。情報筋は同紙に次のように語っている。「トムとデジェイナは幸せですが、交際を知られないようにしてきたのです」

現地時間2月19日にニューヨークで開催されたブランドのラグ・アンド・ボーンのパーティーでは二人が公の場で一緒にいるところが撮影されている。その場に居合わせた人物は次のように語っている。「他の人であれば通常警戒するかもしれませんが、トムは幸せそうなところを見られても気にしていませんでした」

ラグ・アンド・ボーンの公式インスタグラムは二人の写真を公開している。

Thom Yorke and his girlfriend actress Dajana Roncione #ragandbone15 #nyfw #fw17

rag & boneさん(@ragandbone)がシェアした投稿 –

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ