GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランはBBCラジオ1の番組「ライヴ・ラウンジ」でリトル・ミックスの“Touch”をカヴァーしている。

ニュー・アルバム『÷(ディバイド)』のリリースを3月に控えているエド・シーランだが、歌詞を見るためにメガネをかけてのパフォーマンスを披露しており、「曇らないといいんだけど」とパフォーマンスの前に語っている。

パフォーマンスの模様はこちらから。

番組では最新シングル“Shape Of You”のほか、前作より“Bloodstream”も披露されている。

「去年、唯一行ったコンサートがリトル・ミックスと言わしてもらえるかな? 他のライヴには行ってなくてね。ミランにいて、僕はリトル・ミックスのファンになったんだよ」とエド・シーランはリトル・ミックスについて語っている。

彼は次のように続けている。「ファンじゃない人がいるかい? リトル・ミックスを嫌いな男にほとんど会わないよ。ヒット曲もたくさんあるしね。『これから1ヶ月、ずっと頭に残るだろうな』ってならない曲なんかないんだからさ。彼女たちはいつだって素晴らしいよ」

エド・シーランは先日、新作『÷(ディバイド)』より3曲目となる楽曲“How Would You Feel (Paean)”を公開している。

公開前にエド・シーランは“How Would You Feel (Paean)”について、アルバムからの次のシングルではないものの、お気にいりの曲の一つだと述べている。

“How Would You Feel (Paean)”のダウンロードとストリーミングはこちらから。

既に公開されていた“Shape Of You”と“Castle On The Hill”については日本語字幕付きミュージック・ビデオも公開されている。

2曲のダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ