facebook.com/Slowdive

Photo: facebook.com/Slowdive

スロウダイヴは20年以上ぶりとなる新曲“Star Roving”の音源を公開している。

スロウダイヴは現地時間1月11日、公式のソーシャル・メディアで謎の動画を公開していた。22秒の動画は、音源もなく、白い線が正方形を描くものとなっていたが、今回YouTubeで公開された音源でもネイサン・デヴィッド・スミスが手掛けた同様のグラフィックが使用されている。

“Star Roving”の音源はこちらから。

昨年8月、スロウダイヴのドラマーであるサイモン・スコットは、カムバック・アルバムのレコーディングを終えたことを認めていたが、いつリリースされるかについては明らかにしていなかった。昨年5月にはシンガーのレイチェル・ゴスウェルは「ステレオガム」に対して、バンドには「たくさんの曲」があり、ニュー・アルバムを「まさに今、レコーディングしてる」ところだと語っていた。

先日、バンドはフェイスブックに「バンド全員より、あけましておめでとう……忙しくなるよ」と記し、2017年にリリースが見込まれているアルバムについての記事のリンクをシェアしている。

今回、新曲“Star Roving”の音源が公開されたが、アルバムのリリース日については明らかにされていない。

スロウダイヴは最後のアルバム『ピグマリオン』を1995年にリリースしており、同年に解散している。2014年に地元ロンドンでの一連のライヴとプリマヴェーラ・フェス出演のために再結成を果たしており、その後ワールド・ツアーに乗り出している。日本にも一昨年のフジロック・フェスティバルで来日を果たしている。スロウダイヴは昨年デビューEPからの25周年を記念して、収録曲“Avalyn”のライヴ音源をリリースしている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ