GETTY

Photo: GETTY

現地時間1月10日、バラク・オバマ大統領は地元イリノイ州シカゴで大統領退任を前に最後の演説を行い、パール・ジャムのエディ・ヴェダーがその場でパフォーマンスを行っている。

パフォーマンスはパール・ジャムのオフィシャル・ツイッターでも告知され、シカゴ・チルドレン・クワイアーに加わってパフォーマンスを行うことが発表されている。

パフォーマンスの模様はこちらから。

エディ・ヴェダーはバラク・オバマ大統領が再選をかけて挑んだ2012年の選挙の際にも資金を募るためのパフォーマンスを行っている。

また、今回の最後の演説ではBJ・ザ・シカゴ・キッドが国歌斉唱を行っている。

パール・ジャムのエディー・ヴェダーは先日、とあるクレイグリストの投稿が話題となったのを受けてクリスマスに困窮している家族に1万ドル(約117万円)を寄付している。

ワシントン・ポストのインタヴューに対し、エディー・ヴェダーはこう語っている。「家族が置かれている境遇と、彼女が子供たちのためにやってのけたことに感動しただけなんだ。周りに救いを求めた母親を子供たちは誇りに思ってるだろうね。本当に勇気がいることだからね」

さらに彼は、その家族が置かれている境遇を自身の幼少期に重ねたことも明かしている。「サンタさんからおもちゃから届く年もあったけど、ガレージ・セールで購入された中古品ばかりだったし、壊れていないとは限らなかったしね」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ