ANDY HUGHES/NME

Photo: ANDY HUGHES/NME

カサビアンが“Pressie”と題した楽曲の音源の一部を公開している。

“Pressie”が正式な曲名なのか、現時点でのとりあえずのネーミングなどかは明らかになっていない。

カサビアンは現在2014年発表の『48:13』に続く新作に取り組んでいる。2014年にはグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務め、今年はレスター・シティの優勝を記念して、故郷で大規模なライヴを行った彼らだが、今年9月にはサッカーゲーム『FIFA 17 ワールドクラスサッカー』のサウンドトラックに収録された新曲“Comeback Kid”が公開されている。

バンドはソーシャル・メディアを通して「カサビアンからのメリー・クリスマスだよ……#pressieをどうぞ」と音源を紹介している。

公開された音源はこちらから。

以前『Q』誌に対して、ギタリストでプロデューサーのセルジオ・ピッツォーノは新作で「俺たちのギターのルーツに立ち返っているんだ」と語っている。一方で、シンガーのトム・ミーガンは次のように語っている。「セルジオは俺にデモ音源を聴かせてくれたんだ。それで、俺は『何てこった!』ってなったよ。『48:13』とはまったく違うんだ。クソみたいなインタールードとか、くだらないものは何もないんだ」

カサビアンは、レスター・シティがプレミア・リーグを制覇したのを受けて、キング・パワー・スタジアムで行ったライヴで、新曲“Put Your Life On It”を披露している。

他にも新作への収録が検討されている新曲として、”Good Fight”、”24/7”、”You’re In Love With A Psycho”、”All Through The Night”といった楽曲のタイトルが挙げられている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ