PRESS

Photo: PRESS

ワイルド・ビースツはレナード・コーエンの“Hey, That’s No Way to Say Goodbye”のカヴァー音源を公開している。

動画に添えられたキャプションの中でシンガーのヘイデン・ソープは次のように述べている。「2016年は別れについてのひどい年だった。レナード・コーエンが亡くなった日、僕らはカナダにいたんだ。“Hey, That’s No Way to Say Goodbye”のカヴァー・バージョンは『プレゼント・テンス』の作曲セッションの時に数年前にレコーディングしてあったんだ」

“Hey, That’s No Way to Say Goodbye”のカヴァー音源はこちらから。

この曲はレナード・コーエンの1967年発表のアルバム『ソングス・オブ・レナード・コーエン』に収録されている。レナード・コーエンは11月7日に享年82歳で亡くなっている。

レナード・コーエンの死を受けて数々のアーティストがその楽曲を演奏して、追悼の意を表明している。

サヴェージズはブリクストン・アカデミーの公演で“Recitation”のカヴァーしたほか、コールドプレイのクリス・マーティンは“Suzanne”をソロでカヴァーしている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ