GETTY

Photo: GETTY

プリンスは生前、ペイズリー・パークについての番組制作についてネットフリックスと交渉段階にあったことが明らかになっている。

今年4月にペイズリー・パークで亡くなったプリンスだが、1984年公開の映画『パープル・レイン』への出演で知られるほか、1997年には「マペッツ・トゥナイト」に、2014年には「ニュー・ガール」に本人役で出演している。

フォトグラファーのマヤ・ワシントンは『GQ』誌にプリンスの親しかった友人の一人として登場し、ネットフリックスとテレビ番組の可能性について交渉していたことを明かしている。

「プリンスはネットフリックスとなにか、ペイズリー・パークのリアリティ番組をやろうとしていたみたいだったわ」と彼女は振り返っている。「『協力してくれるかい』って言われて、私は『やりたいわ。でも、あなたが出なきゃダメよ』と言ったの。そしたら彼は『いや、いや、いや、僕は出ないんだ』って答えてね。私は『なんで? あなたは面白いのに。みんなにユーモアのセンスを観てもらいたくないの?』って訊いたのよ。そしたら、彼はこう遮ったわ。『マヤ、僕は面白くなんかないよ。僕は世界を救わなくちゃならないんだ』ってね」

ネットフリックス側も「ヴァルチャー」に対して生前プリンスと交渉していたことを認めている。

ペイズリー・パークは来年4日間にわたってプリンスの人生を記念したフェスティバルを開催する見込みとなっている。先日、ペイズリー・パークは博物館としてオープンしたが、このフェスティバルでは音楽パフォーマンスをはじめ、パネル・ディスカッションやガイド・ツアーなどが行われる予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ