PRESS

Photo: PRESS

BBCサウンド・オブ・2017年の候補者となる、来年大きな話題を呼びそうな新人15組が発表された。

世界中の170人の音楽関係者が2017年に音楽シーンを席巻することが見込まれる10組の新人を選んでおり、ジャパニーズ・ハウス、キャベツ、ラグ・アンド・ボーン・マン、アンダーソン・パーク、ジ・アマゾンズらが選出されている。候補者は2016年10月30日より以前に全英チャートの20位以内に入ったことがなく、「まだUKで一般的に広く知られていない」アーティストとなっている。

1月2日より15組の中からトップ5が発表されていき、1月6日に今年の最優秀アーティストが発表される。過去の受賞者にはアデル、エリー・ゴールディング、ハイム、サム・スミスらがいる。

2017年の15組は以下の通り。

AJ・トレイシー

アンダーソン・パーク

キャベツ

デイヴ

デクラン・マッケンナ

ジョルジャ・スミス

マギー・ロバーツ

ナディア・ローズ

ラグ・アンド・ボーン・マン

レイ・ブラック

レイ

ステフロン・ドン

ジ・アマゾンズ

ザ・ジャパニーズ・ハウス

トム・グレナン

「BBCサウンド・オブの候補は、世界中の声を聴きながら、毎年、新たな音楽のテイストメイカーによって最も広く、最も客観的なリストとなっており、来年頭角を現しそうな才能によるエキサイティングで多様性のあるリストを提供しています」とBBCラジオ1とBBCラジオ1エクストラのトップであるクリス・プライスは語っている。「ここに挙がっているのは2017年に展開される世界中のミュージック・ラヴァーのイマジネーションを捉えたものです。今年の候補者の一団も、ここから選ばれることになる未来のスターに溢れています」

BBCサウンド・オブ・2016は、ジャック・ガラットが最優秀アーティストとなっており、ブロッサムズ、ネイオー、ウェスタン、ムラ・マサがトップ5に選ばれている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ