GETTY

Photo: GETTY

パール・ジャムとサウンドガーデンのメンバーによるテンプル・オブ・ザ・ドッグが1991年発表のセルフ・タイトル作の25周年の記念した再発に伴うツアーを11月4日にフィラデルフィアでスタートさせている。

テンプル・オブ・ザ・ドッグは、サウンドガーデンのクリス・コーネル、パール・ジャムのジェフ・アメン、ストーン・ゴッサード、マイク・マクレディ、ドラマーのマット・キャメロンで構成されている。

「コンシークエンス・オブ・サウンド」によれば、バンドはこの日2回のアンコールを含む23曲を演奏したという。バンドはオリジナルの楽曲のほか、デヴィッド・ボウイ、レッド・ツェッペリン、ブラック・サバス、ザ・キュアーの楽曲を演奏したという。

その模様はこちらから。

セットリストは以下の通り。

Setlist:
Say Hello 2 Heaven
Wooden Jesus
Call Me a Dog
Your Saviour
Stardog Champion (Mother Love Bone cover)
Stargazer (Mother Love Bone cover)
Seasons (Chris Cornell song)
Jump Into the Fire (Harry Nilsson cover)
Four Walled World
I’m a Mover (Free cover)
Pushin Forward Back
Hunger Strike
Quicksand (David Bowie cover)
Heartshine (Mother Love Bone cover)
Holy Roller (Mother Love Bone cover)
Reach Down

Encore:
Man of Golden Words (Mother Love Bone cover) (with Pink Floyd “Comfortably Numb” tag)
Times of Trouble
Achilles Last Stand (Led Zeppelin cover)
Baby Lemonade (Syd Barrett cover)
Fascination Street (The Cure cover)
War Pigs (Black Sabbath cover)

Encore 2:
All Night Thing

テンプル・オブ・ザ・ドッグは2014年のニール・ヤング主催によるブリッジ・スクール・ベネフィット・コンサートでも再結成を果たしている。この日のライヴではパール・ジャムのエディ・ヴェダーも参加しており、2011年9月以来のライヴとなった。テンプル・オブ・ザ・ドッグは過去に2003年と2009年にも再結成を果たしている。

今回の再結成ツアーについてクリス・コーネルは次のように語っている。「これまでやってこられなかったことをやってみたいんだよ……ライヴをやってみて、25年間離れていたバンドがどんな感じか見てみたいんだ」

テンプル・オブ・ザ・ドッグのツアー日程は以下の通り。

New York, Madison Square Garden (November 7)
San Francisco, Bill Graham Civic Center (November 11)
Los Angeles, The Forum (November 14)
Seattle, Paramount Theater (November 20)

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ