GETTY

Photo: GETTY

ザ・キンクスは、レイ・デイヴィスがバンドを再結成させたいことを明かしており、来年のグラストンベリー・フェスティバルで再結成する可能性があるという。

71歳のレイ・デイヴィスと69歳のデイヴ・デイヴィスの兄弟を中心とするザ・キンクスは30年以上にわたって巨大なレコード・セールスを記録している。バンドは1996年に解散している。

レイ・デイヴィスは昨年12月にイズリントン・アセンブリー・ホールで行われた公演で短いながらもデイヴ・デイヴィスと共演を果たしており、これがバンドの再結成の噂に火を点けることとなった。『イヴニング・スタンダード』紙に対してレイ・デイヴィスは、先日の束の間の再結成について言及している。「今も払拭するのに長い時間がかかってるんだ。ちょっとの間、彼と共演したけど、あの公演を理由に、再結成について話をし始めると考えるのはあまりにもロマンチックだと思うよ」

今回、『ザ・サン』紙にレイ・デイヴィスはザ・キンクスの再結成という考えによりオープンであることを明かしている。「デイヴと僕は間違いなく一緒にやるだろうね」と彼は明かしている。「それで、僕らはライヴをやりたいんだ」

彼は次のように続けている。「ザ・キンクスはグラストンベリー・フェスティバルでやるかもしれないよ」

主催者のエミリー・イーヴィスとマイケル・イーヴィスはこの件にまだコメントを出していない。

来年のグラストンベリー・フェスティバルはレディオヘッドがヘッドライナーの1組を務めることが発表されている。レディー・ガガも主催者からのアプローチがあったと言われており、出演すると噂されている。

レディー・ガガはこの件について『NME』に否定をすることなく次のように語っている。「グラストンベリー! その件については何も言うことを許されてないの」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ