STILL/BBC

Photo: STILL/BBC

リリー・アレンは、フランスのカレーにある「ジャングル」と呼ばれる難民キャンプの子供たちを訪問し、自身の思いを明かしている。

リリー・アレンはBBCのジャーナリストであるヴィクトリア・ダービーシャーの番組で、難民キャンプで暮らす身寄りのない子供たちと対面を果たしている。難民キャンプ「ジャングル」には、そうした親がいない子供たちが現在、600人から1000人ほど滞在している。

ある一場面で、リリー・アレンはアフガニスタンから逃れて来た13歳の少年と対面し、その少年は「タリバンが僕を殺そうとしたんだ」と語っている。彼には英国に住む合法的な権利があるものの、「合法的な手続きだと遅すぎるんだ」と言い、入国のためにトラックに忍び込んで英仏海峡トンネルの通過を試みたことを明かしている。

「もっとうまく行く方法はないかなと思ってさ」と彼は続けている。「僕たちはトラックが止まるのを待って、その上に乗り込むんだ。昨夜も僕たちはトラックに登って身を隠したんだ。でも、警察が僕たちを捕まえて、僕たちを蹴り飛ばしたり引っぱたいたりしたんだ」

リリー・アレンはこの発言に次のように答えている。「あなたの人生において三度、英国はあなたを危険に晒したのね。一つは私たちはあなたの国を爆撃したこと、二つ目はタリバンの手中にあなたを収めさせたこと、そして、三つ目として今回は私たちの国に入国しようとする際にあなたを危険な目に合わせたこと」

「私は自分の国に代わって謝るわ。あなたたちをこんな目に合わせていることを」と続けて、リリー・アレンは涙を流している。

その映像はこちらから。

「私は母親で2人の小さい娘がいるんだけど、もしこの国で何かが起こって、立ち退かされて一目散に逃げなきゃいけなくなったら、私は世界の他の地域がもう少し手を差し伸べることを願うわ」と彼女は続け、移民危機への英国の対応を公然と批判している。

「私たちの行動を妨げていると考えうる唯一の原因は自己防衛なの。国民は政府がこうした国外からの人々の面倒を見るために資金を使ったり、それがどう影響を及ぼすかをみんな恐れているのよ」

リリー・アレンはさらにこう続けている。「絶望的よね。ここで起こっていることにはショックだったわ。しかも、私たちが住んでいる場所からこんなに近いところでね」

「こんなことは頭から追い出したほうが生きるには楽よね」と彼女特有の正直な語り方で彼女は説明している。「でも、人道的な危機に対してはそうした対応が正しいとは思えないの」

来月、ロンドンでは難民の子供たちのためのチャリティ・ライヴも予定されている。このライヴにはエド・ハーコートやカール・バラー、ソフィー・エリス・ベクスター、ザ・マジック・ナンバーズらが出演する予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ