2016_PeteTownsendGuitar_press_150916

ザ・フーのギタリストであるピート・タウンゼントは、彼がステージ上で破壊したことで有名なギターのレプリカを発売している。

ギブソンから150台限定で発売されているピート・タウンゼント・ゴールドトップ’76は、ピート・タウンゼントが1970年代に使用していたギターをモデルにしており、当時と同じヴィンテージ技術を用いて生産されている。

ピート・タウンゼントは1976年に、1万5000人収容のボストン・アリーナで行われたザ・フーのライヴ中、ステージ上でレスポール・ゴールドトップ・デラックスを破壊しており、その残骸はロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート美術館に展示されている。

このレプリカには8フレット付近のネックの裏に、「ここを折る」というシールが貼られている。これはピート・タウンゼントがオリジナルのギターを破壊した際に、そこから折れたことを表している。

このギターのコントロール部には、ボリューム2つとトーン1つ、古典的なトグル・スイッチ、センター・ピックアップのブレンダー、そしてセンター・ピックアップ用の3ポジション・トグル・スイッチがある。

AC/DCのギタリストであるアンガス・ヤングも、彼が使用するギブソンSGのレプリカを発売している。

ザ・フーのフロントマンであるロジャー・ダルトリーは、「シャンパーニュ・キュヴェ・ロジャー・ダルトリー」という彼独自のヴィンテージ・シャンパンと、全11種のデザインのワインクーラーを発売している。

エミネント・ライフと共同で作られたシャンパンの価格は95ポンド(約13,000円)で、ワインクーラーは650ポンド(約8万7000円)となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ