GETTY

Photo: GETTY

リリー・アレンは、ロンドンのノッティング・ヒル・カーニバルにて「公共の場で度を越して酒と煙草をのみすぎて派手に倒れた」という新聞の報道を受けて、「まったくもって大丈夫」と主張している。

リリー・アレンは、『ザ・サン』紙が転倒に関する記事を掲載することをあらかじめ予告したメールのスクリーン・ショットと共に、「実を言うと、わたし体重が軽いだけなの。空きっ腹にストロングボウ・ビールを二缶流し込んだらこうなったのよ。今はここにいるし、私はまったくもって大丈夫よ」とツイートしている。

転倒の直前、彼女は、自身が立って笑っている写真と共に「ここに何も見るものはないわ」というコメントをツイッターに投稿している。

『ザ・サン』紙の記事ではリリー・アレンが、サイダーとウィスキー、それに「怪しげな」と表現された煙草を巻く写真が掲載されている。また、彼女が男の人の肩に担がれている写真も記事には掲載されている。

https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/1692789/lily-allen-dramatically-collapses-at-notting-hill-carnival-after-drinking-and-smoking-binge/

先週、イタリアで大地震が起きた際、リリー・アレンはイタリアに旅行中であったが、自分は大丈夫だったとファンを安心させている。

当時、彼女は次のようにツイートをしている「みんな、心配のツイートをありがとう。私はお葬式で家に戻るために、ウンブリア州での家族との休暇を早く終えないといけなかったの。本当に悲しい出来事だったんだけど、私たちはみんな無事で感謝してるわ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ