PRESS

Photo: PRESS

ビョークは9月より約2ヶ月にわたってインタラクティヴ・ヴァーチャル・リアリティによる展覧会をUKで開催することを発表している。

オーストラリアと日本でこれまでに展示されてきた「ビョーク・デジタル」が9月1日より10月23日までロンドンのサマセット・ハウスで開催されることが決定している。

会期の中間にほど近い9月21日にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでライヴを行うことも決定している。ウィルダーネス・フェスティバルとマンチェスター・インターナショナル・フェスティバルを除くと、ビョークによるUKでのライヴは3年ぶりとなる。

「ビョーク・デジタル」のチケットは15ポンド(約2100円)でロンドンのサマセット・ハウスにて発売中となっている。ロイヤル・アルバート・ホール公演のチケットは現地時間7月22日午前9時より販売される。

この展覧会では多くのビデオが360度のヴァーチャル・リアリティで展示されており、本展示会は、世界の映像クリエーターやプログラマーとのコラボレーションにより実現した、最新アルバム『ヴァルニキュラ』収録曲のVR映像作品などを5つのエリアで体験できるという内容となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ