PRESS

Photo: PRESS

デヴィッド・ボウイが大ファンだと語っていたBBCのクライム・ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」の新シーズンでデヴィッド・ボウイの音楽が使用される見込みだという。

キリアン・マーフィーがトミー・シェルビー役を演じる「ピーキー・ブラインダーズ」は、第一次世界大戦後のバーミンガムでの冷酷なギャングの物語となっており、5月5日に第3シーズンの放送がスタートする。

『ラジオ・タイムス』に対してキリアン・マーフィーは、音楽がドラマの大きな部分を占めていることについて次のように語っている。「最初の頃からザ・ホワイト・ストライプスやニック・ケイヴを使ってきたけど、ドラマが浸透したことで、より多くのバンドが音楽を貸し出してくれるようになったんだ」

脚本家のスティーヴン・ナイトは、今年1月にデヴィッド・ボウイが亡くなる前に、デヴィッド・ボウイ側に番組がアプローチしていたと明かし、「亡くなる前、デヴィッド・ボウイ側は彼の楽曲を使うことについて熱心に実現しようとしてくれてたんだ」と語っている

スティーヴン・ナイトはデヴィッド・ボウイが「1年前にキリアン・マーフィー宛てに帽子の中にカミソリを仕込んだ自身の写真を送ってくれた」ことも明かしている。

BBCはデヴィッド・ボウイの楽曲をドラマで使用することをまもなく発表するものと見られているが、担当者は『ラジオ・タイムス』に次のように語っている。「編集チームと共に作業を続けていますが、第3シーズンの最終的なトラックリストやアーティストのリストについてはまだ確定しておりません」

「ピーキー・ブラインダーズ」の第3シーズンのトレイラーはこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ